ABOUT

部の概説

 京都大学ギタークラブは、主にクラシックギターを弾く京大公認団体です。 部員数は例年40人くらいで、男女比は京大全体の比率と同じくらいです。 他大学の学生や大学院生の部員もいます。

 独奏が主体ですが、数人程度の重奏や部全体での大合奏もします。 弾く曲はクラシック音楽が中心ですが、ジャズ、民謡などを弾く部員もいます。

 部室は吉田寮の近くにある学生集会所1階にあり、24時間365日(うるう年はもちろん366日)いつでも使えます。 基本的には強制的な練習時間はなく、各自好きなときに部室に来て好きなように弾くという感じになっています。 ただし、演奏会の合奏については数カ月前から曜日を決めて練習します。


歴史

 昭和36年、当クラブの前身である「京都大学クラシックギター同好会」が発足しました。 発足した当初は、人数も少なく練習場所も不足していたため、小規模な活動にとどまっていました。

同好会からクラブへと生まれ変わったのは、昭和38年のことです。茨木氏、斎藤氏、林氏の活躍により、 部員数は30名を迎え、独奏に加えて合奏の分野へと活動を広げていきました。

そして同年 6 月には、京大の創立記念行事の一環として初めてのステージに立ち、同 11 月には演奏会を催しました。 さらに念願の BOX を手に入れ、クラブの地位を安定させました。



部員の一年

  • 新歓イベント

    部室にて演奏会とギター体験会を行います

  • 連盟スプリングコンサート

    他大学のギタークラブと共同で行う小さな演奏会です。

  • 独重奏会

    前期最大の演奏会です、新入生は合奏で初舞台に立ちます。

  • 夏合宿

    ギターを持って旅行に行きます。最終日には新入生による独奏発表会があります。

  • 連盟定期演奏会

    他大学と共同で行う大きな演奏会です。

  • 大文字バーベキュー

    五山の送り火の日に、バーベキューをします。

  • 11月祭

    よくギター喫茶を出していたのですが、ここ数年抽選に落ちまくっています・・・

  • 定期演奏会

    一年で最大の行事です。部全体で演奏する大合奏があります。

  • 試験期間

    部室に来る人が非常に少なくなります

  • 新入生会

    各大学の新入生のみが出演する演奏会です。

  • カノンコンサート

    新入生と上回生が組む、部内二重奏会です。

  • フェアウェル

    卒業生を送り出す送別会です。